不動産選びが住み良い住宅を左右する|非常に高価な買い物

House

おすすめコンテンツ

  • 歴史から読み解く

    マイホームを購入することは、誰にとっても人生の中で最高の金額を出して購入するものです。ですから、かなり慎重に物事を決めていくことが大切です。ビービーハウスには長い歴史があるため、多くのひとから愛されています。

    » MORE

  • 良い不動産とは

    住宅を建てたいと考えている人は、まずは良い不動産を見つけることが大切です。良い不動産とは、人の話を親身に聞いてくれ的確なアドバイスをしてくれる会社です。ビービーハウスがこれらに当てはまります。

    » MORE

  • 重要な住宅ローン

    一戸建てなりマンションなりマイホームを持つことは働く人にとって働く原動力になりますが、不動産は非常に高価な買い物となるため失敗しないために慎重にことを進めたいものです。

    » MORE

アドバイザーが必要

土地売買には様々な手続が必要です

これから土地売買を行う場合において、売主に必要となる手続としては以下のようなものがあります。(1)仲介業者との間で、媒介契約の締結(自分で土地売買における買主を探すことは難しいために、仲介業者に買主探しをお願いすることが通常です)。(2)境界確認書の取り交わし手続き(3)重要事項説明書の作成手続き(売主が個人である場合には、重要事項説明義務はありませんが、仲介業者が介在する場合には、当該仲介業者が買主に対して重要事項説明を行わなければなりません)(4)不動産売買契約書の作成(他の一般の商品と異なり、売買代金も高額となることから、口頭のみで契約締結することはほとんどありません。ざっと挙げただけでも、大変そうですよね。

きめ細やかに対応してくれる

非常に高価な買い物としては不動産がありますが、その際には土地売買の知識が必要になります。土地売買における売主が宅地建物取引業者でない個人の場合には、一生の中でも土地売買を行うことはそれほど多くないことでしょう。土地の買主になることはあっても、売主になることは一生に一度あるかないかではないでしょうか。したがって、個人の売主が上記に挙げた手続をすべて自分で実行することはまず不可能です。不動産取引の用語は難解なものが多く、完全に理解できるようになるためには多くの取引経験を積まなければなりません。そこで、売主に対してきめ細やかに対応するアドバイザーを選ぶことが大変重要になります。上記(1)の仲介業者の担当者がそのアドバイザー的な役割を果たすことになるわけですが、担当者の実力も千差万別であるため、頼りない担当者と感じたならば、正直にお店に相談するようにしてください。